投資環境

  • 全羅南道に投資すべき理由があります
  • 企業誘致目標

  • 2015年 300社

  • 民選道政6期 1,000社

全羅南道は北東アジア貿易の中心、世界への玄関口

  • 5大洋6大陸に進出する世界の主な幹線航路上に光陽港、木浦港が位置
  • 世界最大のマーケットである中国と日本に近接
  • 務安国際空港を通し、主要都市と直結
  • 今後は中国横断鉄道(TCR)、シベリア横断鉄道(TSR)などと連結、中国、ロシア、ヨーロッパ進出の玄関口として成長

安定した労使文化

  • 労 · 使 · 政 共同産業平和宣言 (2006~2015)
  • 労 · 使 相生協力広域自治団体最優秀表彰 (2008~2014)

Stable Labor-Management Culture

体系的に養成された専門性の高い人材

  • 地域の大学などで年間5万名以上、職業訓練機関で10万名以上の企業オーダーメード型の技能人材などを養成
  • 道内の大学と研究機関、企業が連携した産 · 学 · 研ネットワークの活性化により、産業のための優秀な人材を確保
    ※ 175大学 · 特性化高校で技術および技能人材を養成(年間5万1千人) - 大学 4万人、特性化高校 1万1千人

手頃で豊富な産業用地

  • 手頃な価格の産業用地 : 8千ウォン/㎡
    (全国平均4万3千ウォン/㎡の1/5水準)
    ※ 個別公示地価基準

手頃で豊富な産業用地

[適材適所に豊富な産業用地]

適材適所に豊富な産業用地
区分 箇所 面積(㎢) 産業団地名
37 239.7 国家産業団地5か所、一般産業団地32か所
造成完了 37 239.7 三日備蓄、大仏、五川、順天, 文平、羅州、和順、三湖、新錦、 大馬
造成中 37 239.7 麗水, 光陽, 光グリーン、挿津、テヤン、栗村1、海龍、革新、 新道、益申、黄金、世豊、バイオ食品、環境、花源造船、 郡内、猫島、ナノ、東咸平、龍塘、潭陽、栗村2、栗村3、道陽、造船タウン、雲南、セラミック

便利な交通インフラ

  • KTX

    ソウル ⇔ 光州 1時間33分

    ソウル ⇔ 木浦 2時間06分(完全開通時 1時間59分)

  • 高速道路

    西海岸高速道路(木浦∼仁川、340.8km) - 湖南高速道路(順天~天安、276.2km)

    南海高速道路(霊岩~釜山、273.1km) - 順天~完州高速道路(117.8km)

    88オリンピック高速道路(181.9km)、高敞~潭陽高速道路(42.5km)、

    務安~光州高速道路(41.3km)

航空

  • 務安空港 : 年間14万回運航可能(国内線 : 済州島、国際線 : 上海、北京など 10か所を越える地域に運航中)
  • 麗水空港 : 国内線(ソウル 8便/日、済州島 2便/週)
  • 光州空港 : 国内線(ソウル 7便/日、済州島 11便/日)

国際港湾

  • 光陽コンテナ埠頭(2~5万トン級 20船席拡充)

    現在14船席運営(5万トン級 10船席、2万トン級 4船席), 460万TEU/年間の処理が可能

  • 木浦新港(2~3万トン級 9船席拡充)

    現在5船席運営(3万トン級公営埠頭1、多目的埠頭3、セメント埠頭1)

nternational Ports

主要企業の入居現況

  • グローバル韓国企業 : POSCO 光陽製鉄所、現代三湖重工業、GSカルテックス、サムソンSDI、現代製鉄など
  • 外国人投資企業 : 228社(霊岩72、光陽41、麗水36、順天19、木浦13など)